-こころの花-
 [作詞 / 作曲:Pf.]


 電灯に照らされた 一人きりの街路樹

 夜空に舞い落ちる はかない粉雪が

 あなたに重なり 涙が頬を伝う


 答えなどどこにも 見当たらない

 この世の果ての世界なんて どこにも見あたらない


 あなたにもしもまた逢えることなら

 それができるなら・・・


 降り積もる雪は あなたと泣いた日々も

 あなたと笑った日々も溶かして

 心に咲く花は もう戻れない時間と

 愛しい記憶の中で咲いてる


 いつもと変わらない 日常は過ぎて行き

 いつまでも変わらない 難しさを知って


 あなたと過ごした時間が ひとつ

 またひとつ 消える


 流れ行く時は あなたと泣いた日々も

 あなたと笑った日々も 離して

 心に咲く花は もう戻れない想いと

 今を進んでいく風で 揺れてる


 時は少しずつ心を 癒していくだろう

 でもあなたの笑顔は 咲き続けるだろう


 降り積もる雪は あなたと泣いた日々も

 あなたと笑った日々も溶かして

 心に咲く花は もう戻れない時間と

 愛しい記憶の中で咲いてる