-陽の当たる坂道-
 [作詞 / 作曲:Vo.Gt.]


 綺麗な嘘なんてつけないよ だからゴメンネ

 嫌いになった訳じゃないから 今も君を思っているよ

 気付いていないフリなんて止めてよ 涙が出るから

 言えなかった本当の気持ちは まだ胸の中に残っている


 出会いはいつもきっと偶然で つれづれなるままに

 流れては消えていく雲のよう 夜空に輝く星のよう

 気があるようなフリなんてするなよ 浮かれてしまうから

 ゆっくり考えても意味がない 教えてくれたのは君でした


 傷つけないように 傷つかないように そっと

 思い描いていたんだ ずっと

 陽の当たる坂道 二人で 手を繋ぎ歩いている姿


 すべては単純で すべてが明快で

 吹き抜ける風の その先には

 届かぬ思いと 些細なプライドがあって

 吹き抜ける風が心地良かった


 別れはいつもきっと必然で 恋のまにまに

 寄せては返す波のよう 夜空に照らされる月のよう

 気が変わったら振り向いておくれよ 待っているから

 不思議なほどに悲しくはない 忘れてしまうことが辛いだけ


 飾らないように 飾らないままに きっと

 思い出してみるんだ 今

 陽の当たる坂道 二人で 手を繋ぎ歩いている姿


 すべては単純で すべてが明快で

 吹き抜ける風の その先には

 届かぬ思いと 些細なプライドがあって

 吹き抜ける風が心地良かった


 いつまでもこのままでいい そんなはずがない

 だから迷っているんだ

 この坂を登りきったなら ほら言えるよ 君に

 ありがとう


 すべては単純で すべてが明快で

 吹き抜ける風の その先には

 届かぬ思いと 些細なプライドがあって

 吹き抜ける風が心地良かった